• 避妊・去勢
  • 診察内容

    Veterinary Services

    避妊・去勢手術

    避妊・去勢手術

    あなたのワンちゃん猫ちゃんに避妊・去勢手術を行いましょう

    • 家族としてつきあっていくため
    • 不幸な子猫や子犬を増やさないため
    • 発情に伴うケンカや交通事故から犬猫を守るため
    • 発情のストレスから解放して彼らの健康を維持するため
    • 病気の予防のため

    どうして避妊・去勢手術が必要なの?したほうがいいの?

    メスでは、卵巣・子宮の病気、乳腺腫瘍の予防になります。

    オスでは、前立腺の病気、精巣、肛門の腫瘍などの病気の予防になります。

    また、高齢期のホルモン性の疾患の予防にも有効です。さらに、性的欲求や発情期・偽妊娠期に伴うストレスから解放されることにより、寿命が長くなることが報告されています。

    病気の治療として、避妊・去勢手術が必要になる場合もあります。

    避妊・去勢手術を行うことで、しつけがしやすくなることも期待されます。

    どういう手術なの?

    全身麻酔により、メスでは卵巣・子宮を、オスでは精巣を摘出します。

    事前に術前検査を行い、問題が無いことを確認して麻酔をかけます。

    怖くないように、術前の処置や消毒は麻酔をかけてから行います。

    当院では、目が覚めても痛くないように、手術の前に痛みを抑えるお薬を投与して手術を行っています。

    動物の安全のために、手術は一泊入院で行います。

    いつ頃したらいいの?

    健康であれば、手術は何歳でも可能ですが、一般的に避妊・去勢手術は初回発情前(生後6ヶ月頃)を目安に 行います。(時期については診察して決定します)

    初回発情前に避妊手術を行うと、高い確率で乳腺腫瘍の発症を予防できることがわかっています。

    オスの場合もマーキング行為や発情期の鳴き声が軽減されます。(ただし固体差もあります。マーキング行為は病気に伴って起こることもあります。)

    肥満になりやすいって本当?

    確かに、活動性や基礎代謝の低下により、肥満になりやすい傾向があります。

    しかし、犬や猫は自分でご飯やオヤツを買えません。飼い主さんが体重の管理に気をつけることで、肥満を予防することが可能です。

    体重の管理方法について

    成長期の食事、避妊・去勢手術後の食事、高齢期の食事など、動物の年齢や体格によってフードの種類や量はそれぞれ異なります。また、フードごとにカロリーは異なります。

    うちの子に何をどれくらいあげたらいいの?と思ったら当院にご相談ください。

    その子にあったフードを選び、カロリー計算をして給与量をお伝えします。